医療脱毛機について

スピーディに脱毛完了できる医療脱毛機

医療脱毛機はレーザーのエネルギーで毛根へダメージを与えて脱毛します。エステで使われる機械とは違い、医療行為になりますので施術を担当するのは医師です。ダメージを与える力が強い分、脱毛効果が高いのが特徴です。部位によりますが3回ほど通えば、かなり毛が減ってきたと感じられます。

黒いメラニン色素に照射されますので、部位によっては痛みを強く感じることもあります。特にワキ、Vラインは毛が太いのでばちっと肌に対しての刺激も強くなります。医療脱毛ではそのため塗る麻酔などを使えるクリニックもありますので、痛いのが苦手という人はあらかじめどのような痛みに対するケアができるか確認しておく必要があります。

痛みを感じやすいのは部位によっても異なりますが、肌の状態によっても変わってきます。乾燥した肌は効果も落ちてしまいますし痛みが強かったり、火傷の原因にもなります。脱毛する日以外のスキンケアが効果にも影響を与えますので、日頃からスキンケアをしっかり行うことが大切なのです。

医療脱毛機は種類がたくさんありますが、効果が高いと期待できるのは国産で日本人の肌に合わせて作られているものです。その中でも期待できるのがアレキサンドライトレーザーです。波長が長いので火傷リスクが抑えられるということと、太い毛から産毛のような細い毛まで幅広く対応してくれるのが特徴です。美肌効果もあるレーザー脱毛機なので、顔脱毛だと同時にスキンケアにも効果が期待できます。